光触媒とは

光でつくる癒しの空間

光触媒とは

光触媒とは、酸化チタンなどの金属に紫外線が当ることで、周囲の有機物を水や二酸化炭素などの単純な構造の物質に分解する作用です。この作用を利用して、シックハウスの原因となる有害有機物や、汚れ、においの分解に役立てる技術を光触媒技術と呼んでいます。あらゆる金属の中でも酸化チタンは、この光触媒の作用が最も有効に働く物質として、また、人体に全く無害な物質として数多くの用途に利用されています。

光触媒のしくみ

太陽光や蛍光灯などの紫外線のエネルギーが酸化チタンなどの金属に働きかけ、空気中の水分(H2O)、酸素(O2)を、強力な酸化分解力を持ったOHラジカル(・OH)、スーパーオキサイドイオン(O2-)に変える作用を光触媒作用といいます。この光触媒作用が特に強いものがアナタース結晶状態の酸化チタンであり、あくまで触媒として働くため、酸化チタンそのものは劣化することはありません。

光触媒の基本効果

①大気汚染・・・外壁等に光触媒コーティングする事で、有害物質を分解
②防  汚・・・外壁等に光触媒コーティングする事で、雨によるセルフクリーニング
③防  臭・・・エアコン・ブラインド等に光触媒コーティングする事で、防臭・空気清浄
④抗  菌・・・内壁・床等に光触媒コーティングする事で、防カビ・院内感染防止
⑤防  曇・・・自動車のドアミラーなどの曇り防止
⑥浄  水・・・光触媒フィルターを使用する事で、汚染地下水の無害化