いちごの腐敗について

2020年03月25日

株の中心でできて葉の陰に隠れているいちごに長い時間気づかず放置していると、徐々に腐敗していきます。

また、多湿な空間ですので上から水滴が落ちてきて溜まったところにいちごが出来るとすぐに腐敗してしまいます。

枯れた葉などもいちごに長く接触すると、腐敗の原因となりますので気が付いたら取り除いていきます。

 

ですので、2~3日に1回は収穫や摘果だけでなく中の方まで見て、果実の腐敗を防ぐ必要があります。

 

今の気温だとハウスの中の温度が上がりすぎて、いちごと高設が接触した部分が焼けてしまうことも多くあります。