取引先の皆様へのご報告とお知らせ。

2018年07月06日

日頃、当社へのご愛顧、誠にありがとうございます。

さて、当社で取り扱いをしているマサコートについて重大な問題が発生したため、当社マサコート事業を現在、休止させて頂いています。

この状況に至った経緯としては、先日、突然スターハード社より何の事前説明もなく、事業の譲渡のお知らせが郵送されてきました。

この件について、社内および当社の契約弁護士と協議をしていたところ、他マサコート代理店より、スターハード社長より、資金難による売却と私たち代理店の販売力が足りないからだと𠮟咤されたと聞かされ、困惑している次第です。が、問題は、スターハード社長の人間性の問題ではなく、一番大切なことはお客様であり、マサコートに係るすべての皆様であると当社として考え、この判断とさせていただきました。

現段階では、スターハード社からの正式なガイダンスは皆無で紙一枚と返信用封筒となっており今後の製品の供給や品質維持等についての説明は一切ありません。

当社が推奨していたマサコートの品質を新しい製造元が維持できるか?等の不安材料が解決しましたら皆様に依然と変わりなくマサコートをお届けできると考えておりますが、当社が問題の残ったままマサコートを皆様にお届けすることはありません。

その場合は、マサコートの取り扱いを辞め、スレート補修事業は代用商品にて継続をできる様、実用に向け検討と試験を始めました。

少しお時間をいただくとは思いますが、当社事業へご賛同の皆様の為、影響を最小限にするべく鋭意努力させて頂きます。

この問題を引き起こした一因として、私がスターハード社の、先代社長の思いに寄せるご子息の思いと夢に賛同しマサコート事業に参入しましたが、現社長の考えとすでにスターハード社を退職されたご子息の関係やスターハード社の経営状態に注意を払っていなかったことにもあると考え当社に出来ることからと考え、まずは経緯を報告するとともに、深く反省し、お詫び申し上げます。

来週より、関係各所には当社責任者である私が、直接出向いて説明とお詫びをさせて頂く所存であります。

その際には、忌憚のないご意見とお叱りを覚悟していますので、存分にお聞かせください。

お騒がせして、本当に申し訳ありません。

 

平成30年 7月 8日    

有限会社 旭 代表  松田 松太郎

 

追記  

経済的に問題があると考えられるのはスターハード社であり、当社は資本関係もありませんので現状、マサコート事業を休止してもなんら問題なく健全経営であることも重ねてご報告します。